牡蠣に含まれる栄養素 vol.7 ~炭水化物~

牡蠣は“海のミルク”とも言われ、栄養豊富な食材として知られています。
栄養豊富とは知っていても、どのような栄養素が含まれているかについては知らない方も多いと思います。

様々な栄養素が含まれていますので、見ていきましょう。

今回は、炭水化物について見ていきましょう。
長々と牡蠣に含まれる栄養素についてお伝えしてきましたが、今回が最後です。

⑤炭水化物

炭水化物は、人間が生きていくうえで重要なエネルギー源です。

グリコーゲン
体内でもグリコーゲンとして貯蔵され、必要に応じてグルコースとなり、体内で働きます。

グリコーゲンは、グルコース(ブドウ糖)がいっぱい連なって出来ている多糖です。
よく耳にするでんぷんも同じです。

・グリコーゲン・・・短い鎖でぎっしり詰まっている
・でんぷん・・・長い鎖状

グルコースの連なり方の違いで、でんぷんは消化されやすくなっているため、血糖値が上がりやすくなっています
対して、グリコーゲンは、短い鎖のため、消化酵素が中まで入りにくく、消化がゆっくりになるので、血糖値は上がりにくくなります。


牡蠣に含まれる栄養素について見てきました。
“海のミルク”と言われる理由がわかっていただけたかと思います。

牡蠣を例にとることで、理解してくださったと思いますが、どの食材もひとつの栄養素だけで出来ているわけではありません。

また、私たちの体が円滑に働くにはいろいろな栄養素が必要です。
今回牡蠣についてお伝えしましたが、ひとつの食材に偏ることなく、いろいろな食材を摂るようにしましょう♪

はじめから確認したい方は、下記ページをご確認ください!

牡蠣に含まれる栄養素 vol.1 ~栄養素に入る前に…~
https://ksn.kyoto/health_information/915/

牡蠣に含まれる栄養素 vol.2 ~多量ミネラル~
https://ksn.kyoto/health_information/920/

牡蠣に含まれる栄養素 vol.3 ~微量ミネラル~
https://ksn.kyoto/health_information/927/  

牡蠣に含まれる栄養素 vol.4 ~ビタミン~
https://ksn.kyoto/health_information/926/

牡蠣に含まれる栄養素 vol.5 ~アミノ酸 その1~
https://ksn.kyoto/health_information/929/

牡蠣に含まれる栄養素 vol.6 ~アミノ酸 その2~
https://ksn.kyoto/health_information/931/