補食 vol.3

~KSN管理栄養士から毎月の健康情報をお届け~

今までのもの(~2020.3)は弊社公式Instagram @ksn.kyoto.officialをご確認ください。
※インスタグラムで紹介した内容も順次こちらで紹介しています。

近年日々のコンディションを整えるために、「食」が大切だと認識されているアスリートが多くなってきました。
その方々の中には、今回のテーマの“補食”を上手に活用している方も多くいらっしゃいます。

みなさんは、「栄養や食の情報」を
テレビやインターネットで入手されることが多く、偏った情報も伝わりやすいため、“正しい補食”についてご存知ない方も多いかと思います。

「食を補う」だから、おやつのことか!と思われる方もいらっしゃいますが、全く違います(お菓子≠補食)。

今回はそんな“補食”についてお話しします。

今日は、これなら簡単!コンビニでも揃う補食についてお伝えします。

これなら簡単!コンビニでも揃う補食

なんでも簡単に手に入るようになった現代。

練習後は、疲れているし、お腹も空くので、ついついコンビニで買い食いをしてしまうこともありますよね。
お菓子や炭酸のジュースを買っていたという方も、それではだめだということはわかっていただけたかと思います。

先ほどもお話ししましたが、家が近い場合は、補食を摂る必要はないので、寄り道せずに早く家に帰って、しっかりと食事で栄養補給に努めましょう。
補食を摂る場合も満腹になる必要はありません。
あくまで大切なのは、3回の食事ですので、食事に影響しないように摂りましょう。

~コンビニでおすすめの補食の組み合わせ~ (例:練習後)

糖質とたんぱく質、それに加えて、クエン酸やビタミンC(疲労回復をサポートする目的)やビタミンB群(体内の代謝をサポートする目的)をプラスしたものを選ぶと・・・

◎鮭やたらこのおにぎり+100%オレンジジュース
(うなぎだとたんぱく質だけでなく、様々なビタミンを含んでいるので、うなぎを細かく切ってまぶしたおにぎりを作って持って行くのもおすすめです。)

◎ハムサンド+フルーツヨーグルト

組み合わせでお話しした以外にも、チーズやゆで卵、ちくわなどは、コンビニで売っていて、簡単に食べることが出来るたんぱく質となりますので、おすすめです。

たんぱく質が含まれているから、から揚げやフライドチキン、ウインナーなどはどうかと気になる方もいらっしゃるかもしれません。
レジ前にあるので、ついつい手が伸びることもありますよね…。

これらは油で揚げており、脂質も多く含まれていますので、おすすめできません。
レジ前のもので選ぶのであれば、肉まんは、糖質・たんぱく質が含まれていますし、おでんの具にちくわ等もありますので、そちらを選ぶようにしましょう。

もし身近にスポーツをしている方がいらっしゃる場合、日々の食事はどのようにされているか聞いてみてください。

簡単な食事や補食(主に甘い間食)で済ましている方も多いですので、よろしければこの情報をお伝えいただければと思います。


補食を摂らないと…とむずかしく考える必要はありません。
この前お話ししたように、練習前なら糖質中心、練習後なら糖質+たんぱく質(+α ビタミンCなど)を基にコンビニで買えるものを選んでくださればと思います。

何を選べば…と悩んだ方は、ひとまず例に挙げたものを選んでみてください。

成長期では、日常に使う栄養素+成長に使う栄養素+運動に使う栄養素が必要となりますので、適切なタイミングで上手に補食も活用しましょう!

最初から読みたい方はこちら!
補食vol.1 補食とは?
https://ksn.kyoto/health_information/1249/

補食vol.2 スポーツをする際の補食のタイミングと必要な栄養素とは?
https://ksn.kyoto/health_information/1253/