ゴーヤー①

初夏を感じる季節ですね。

さて、5月8日はゴーヤー(苦瓜:ニガウリ)の日です。

「ゴー(5)ヤー(8)」の語呂合わせ5月からゴーヤーの出荷が増えることにちなんで、沖縄県とJA沖縄経済連によって定められました。

これからの時期、体調を崩しやすくなりますので、そんな方にもぴったりな旬のゴーヤー情報をお届けします。

『ゴーヤー』はなぜ苦い?

ゴーヤーは熱帯アジア原産の野菜で、日本では主に沖縄など温暖な地域で栽培されています。

ゴーヤーとは「苦瓜(にがうり)」を指す沖縄の方言で、他に「ツルレイシ」とも呼ばれます。

英語では「ビターメロン(Bitter melon)」と呼ぶそうですよ。

ゴーヤーといえば、独特の苦みが特徴ですね。
ゴーヤーが苦いのは、まだ未熟な果実だからなんです。

十分に熟して種が残せるようになるまでの間、動物に食べられないための知恵だといわれています。

例えば、緑色のピーマンは熟すにつれ、赤くなり、甘みが増して食べやすくなります。

ゴーヤーも同様に熟すと甘くなりますが、未熟な果実の方が、熟したものより栄養価が高く、歯ごたえがよいので、緑色の状態のものが好まれています。

かつては沖縄や九州のローカルな野菜でしたが、現在では全国のスーパーでもおなじみの野菜となりました。

健康意識の高まりとともに、ますますゴーヤーを食べる方が増えているのかもしれません。

『ゴーヤー』の栄養と保存方法

ゴーヤーの本場、沖縄では昔から厳しい夏を乗り越えるために日々の食事の中にゴーヤーを取り入れていました。

沖縄の方が暑い夏でも夏バテしにくいのは、ゴーヤーを普段からよく食べているからだといわれます。

ここでは、ゴーヤーに含まれる主な栄養素についてみていきましょう。

◎ビタミンC

心身のストレスから体を守り、疲労回復をサポートします。
また、シミやソバカスを予防し、肌にハリを与える効果があります。
特にゴーヤーに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。

◎ビタミンK

ケガや内出血を起こした時に出血を止める大切な働きがあり、「止血ビタミン」とも呼ばれます。
さらに、カルシウムが骨に沈着するのを助け、丈夫な骨づくりにも欠かせない栄養素です。

【ゴーヤーの苦み成分】

●モモルデシン

血糖値や血圧を下げる効果整腸作用があることが認められています。
また、胃酸の分泌を促して食欲不振を解消する働きがあり、疲労回復も期待できます。

●チャランチン、コロコリン酸

植物性インスリンとも呼ばれ、血糖値を下げる効果があるといわれています。

〈保存方法〉

常温で置いておくと、実が黄色っぽくなります。
苦みは少なくなりますが、味や品質も落ちてしまうので、ポリ袋やラップで包んで冷蔵庫(野菜室)で保存しましょう。

すぐに使わない場合は、中のわたと種を取り除いてからラップに包んでおくと、ビタミンCの損失が少なく、色も鮮やかさを保てます。

また、長期間保存したい時は、塩ゆでしたり、軽く炒めてからの冷凍保存がおすすめです。


次回はゴーヤーを美味しくするコツについてご紹介します。

あの苦みが苦手という方にこそ見ていただきたいです♪

続きはこちら!
「ゴーヤー②」