緑茶のパワー

最近お茶を飲む人が少なくなり、若い人では、お茶は「ペットボトルで買うもの」「急須(きゅうす)って何?」などの声もあるようです。

緑茶をはじめ、お茶には様々な栄養素が含まれています。

緑茶に含まれる主な栄養素

【カテキン類】 お茶の苦みや渋み成分

  • 抗酸化作用があります。
  • 抗菌作用がある為、風邪予防にも役立ちます。
  • 血圧上昇抑制作用があり、高血圧の予防に関わります。

【テアニン】 甘みや旨みの成分

  • 脳、神経機能に働き、心身をリラックスさせる効果があります。

【カフェイン】 苦みの成分

  • 眠気を覚まし、頭をスッキリさせる働きがあります。

人によっては、空腹時に飲むと、胃が痛くなることもあるので注意してください。

【ビタミン】 

◎ビタミンC

  • ストレスを和らげる助けになります。
  • 新陳代謝を助け、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎます。

◎ビタミンE

  • 抗酸化作用があるので、老化予防 に役立ちます。

◎ビタミンA

  • 皮膚や粘膜にある細胞の形成に必要です。

ビタミンEやビタミンAなどの脂溶性ビタミンは、茶葉により多く含まれているので、飲んだ後の茶葉も活用しましょう。

かつおぶしと醤油を好みの量かけると、簡単おひたしができます。

【その他】 

ミネラル類も豊富
 ミネラルは体の中で合成したり、摂りだめができないため、
 続けて摂ることが必要な栄養素です。

食物繊維
 便秘の解消などに役立ちます。


これからの季節、気温が上がるにつれて、脱水の危険性も高くなってきます。
水分を摂るためだけでなく、一緒に栄養素も摂ることが出来る緑茶を飲んで、脱水予防に努めましょう!!